【呪術廻戦】天元様とは?何者なのか解説します。

呪術廻戦の序盤から名前だけ出てくる「天元様」。彼は1,000年以上生きている不死の術師です。今回は謎が多い天元様について解説します。

今回は呪術廻戦の重要なネタバレが書かれています。

アニメしか見ていない方、本編をまだ見ていない方は閲覧注意でお願いします。

今回の記事でわかること

・天元様の術式・能力

・天元様が1,000年以上生きている理由

・天元様の関係者

・星漿体と同化できなかったら、どうなるのか?

目次

天元様とは?

呪術界にとって必要な存在

呪術高専の最深部である薨星宮(こうせいぐう)本殿にいます。

天元様が得意としているのは結界術で、術師の能力を底上げする効果があります。

天元様のサポートがないと術師たちは任務もままならない・・・というわけです。

戦闘のサポートをするキャラなんだね。

天元様自体は戦闘に参加しないの?

かんべえ

天元様は戦闘に参加はしません。漫画でいうドラゴンボールの神様に近いイメージですね。

実際に戦闘向きのキャラではないため、偽夏油(にせげとう)こと羂索(けんじゃく)も「天元は木のようなものだから気にしなくていい」と発言しています。

500年に一度 星漿体(せいしょうたい)と同化する必要がある

天元様は不死の術師で1,000年以上生きています。ただし、不死であっても不老ではありません。

そこで500年に一度、人間と同化して肉体の情報を初期化する必要があります。ちなみに初期化をしないと天元様は進化して人間でなくなり、最悪、人間の敵になる可能性が出てきます。

まぁ・・・当然、天元様に適合できる人間って、誰でもいいわけじゃないよね・・・

かんべえ

天元様と同化できる人間のことを星漿体(せいしょうたい)と呼びます。

天元様の関係者

星漿体(せいしょうたい)である天内理子(あまない りこ)

星漿体(せいしょうたい)として選ばれた人間です。自分も天元様と同化する覚悟はあるようです。

ただ、話が進むと、天内理子が中学生ということもあり、だんだん彼女が不安になっていくシーンが多くなります。

そりゃ、これから人生楽しみたいときに、いきなり天元様と同化してください。アナタにしかできません!って言われたら中学生でなくても、不安になるのは当たり前ですよね・・・💦

天元様との同化=天内理子の人生が終わるという意味でもあるわけですから・・・

いくら、気丈にふるまっても中学生だしねぇ・・・。

盤星教「時の器の会」

盤星教(ばんせいきょう)「時の器の会」は天元様を崇拝する宗教団体です。

天元様の体と 星漿体(天内理子)が同化することを盤星教は認めていません。

天元様が 星漿体と同化して長生きできるんなら、盤星教の人たちもうれしいんじゃないの?

かんべえ

盤星教にとって 星漿体 が天元様の中に入ることは「不純物」が混ざることなので許されないのです。

要するに 星漿体 である天内理子が邪魔ってことでしょ。当然、盤星教は彼女を殺すことも視野にいれてそうね。

かんべえ

盤星教は殺し屋を雇って、天内理子の暗殺を計画します。
そこで学生時代の五条悟と夏油傑が 星漿体 である天内理子を護衛する話になります。

天内理子の護衛の話はコミックス8~9巻に載っています。

詳しくはコミックを見たほうが楽しめますよ😁

¥460 (2021/10/18 19:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

星漿体の護衛任務は失敗

特級術師である五条悟と夏油傑の最強コンビが護衛するから、楽勝・・・と思いきや、 星漿体である天内理子は殺されてしまいます。

「星漿体であった」天内理子の死体を見て喜ぶ盤星教の信者たち・・・夏油傑の闇墜ちのキッカケでした。これが本編開始12年前の出来事になります。

最強の術師2人を倒して天内理子の暗殺に成功したって・・・ありえない。その暗殺者って何者なの?

かんべえ

暗殺者の名前は「伏黒甚爾」(ふしぐろ とうじ)といいます。

伏黒ってまさか・・・?

かんべえ

そう、伏黒恵の父親です。詳しくは伏黒甚爾の記事で解説しますね。

星漿体(せいしょうたい)との同化に失敗した天元様だが大丈夫なの?

初登場時、天元様は味方

12年前に星漿体との同化に失敗した天元様・・・新しい星漿体も見つかっていません。

天元様の進化は止まりません。144話で天元様が初登場しますが、144話の時点では、虎杖たちと普通に会話をしているので、まだ自我は残っているようです。

天元様・・・普通に虎杖たちと会話してたから、別に問題なさそうだけど・・・?

今の天元様は呪霊に近い存在

今の天元様は人間ではなく、呪霊に近い存在になりつつあります。

つまり、偽夏油こと羂索(けんじゃく)の術式で天元様は操られる可能性がある・・・ということです。

もっとも、羂索が天元様を操るといっても簡単にはできませんが、危険な状況になっています。

羂索(けんじゃく)は天元様を操って何がしたいの?

かんべえ

詳しくは偽夏油こと羂索の記事を見てください。

羂索(けんじゃく)が天元様を使ってしようとしている事とは?

星漿体って1人しかいないの?

作中では名言されていませんが、特級術師の九十九由基(つくも ゆき)が星漿体ではないか・・・とネットではウワサされています。

天元様は500年に1度、星漿体と同化しないと不安定になりますが、同じ時代に星漿体が1人しかいないとは書かれていません。

九十九由基は星漿体と言われている根拠

・145話の時点で天元様と九十九由基は初対面ではない。

・特級術師だとしても天元様に会うことはできない。

・私も天元と向き合わないと・・・と九十九由基が発言している(天元様と向き合う=星漿体として同化?)

星漿体って天元様と同化を拒否することはできるの?

かんべえ

一応、天元様は星漿体の意思は尊重するので、同化を拒否することはできるようです。

そういえば、九十九由基は天元様のことを呼び捨てにしてるよね・・・

かんべえ

天元様を呼び捨てにしているのは高専メンバーでは、九十九由基だけなんですよねぇ・・・この辺も気になるところです。

天元様と羂索(けんじゃく)の関係は?

2人は顔見知りのようです。もしかしたら羂索は天元様の弟子だったのかも。

・天元様が羂索のことを「あの子」と呼んでいる。

・天元様より羂索の結界術は自分に次ぐ実力と評価。

・羂索が天元様の結界に関して詳しすぎること。

ただの顔見知りだと天元様の結界をかいくぐって、呪術高専内部に侵入とかできないよね。

かんべえ

確かに羂索が弟子だったなら、天元様の手の内をよく知ってても不思議ではないですね。

でも、天元様が羂索の野望を止めようとしないのは不思議よね?

かんべえ

天元様自体が現世に干渉しないですからね。ただ、羂索と裏で繋がっているのでは・・・という話も出てきています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

天元様とは・・・

・不死の術式で1,000年以上生きる術師。羂索とも認識がある。

・天元様が張る結界、術師のサポートなど、天元様は呪術界に必要な存在。

・不死であっても不老ではないため、500年に一度、 星漿体 (せいしょうたい)と呼ばれる選ばれた人間と同化する必要がある。

・12年前に星漿体 であった天内理子(あまない りこ)が殺されたため、星漿体との同化は失敗。

・ 星漿体との同化が失敗したため、天元様の進化は止まらない。そして、偽夏油こと羂索(けんじゃく)に狙われている。

・天元様と羂索は顔見知りで師弟関係だった?

星漿体との同化が失敗したので、天元様が展開次第では敵になる可能性が出てきました。

別の星漿体が急に現れて同化・・・となると話がつまらなくなりますし、その展開はなさそうです。

敵にならなくても、結界やサポートがなくなるだけで、術師たちにはかなり厳しい展開になります。

天元様が敵になれば、当然、パワーバランスが大幅に変わります。150話時点では天元様が敵になる伏線はないのですが・・・

今回の記事で呪術廻戦を楽しむキッカケになればうれしいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

「U-NEXT(ユーネクスト)」31日間無料トライアルプロモーション

呪術廻戦の電子書籍も見れますよ。無料期間中でも600ポイントもらえるので、ポイント使って電子書籍をGET!

もちろん呪術廻戦以外の漫画もポイントで見れますし、31日以内の解約でもOKです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次